心理学の知識を得たいなら心理カウンセラーの講座に参加しよう

専門学校からの変化

男性

看護師は、医師の医療行為の補助者とのイメージが強いですが、近年は、医療現場における学問(看護学)を学んだ専門の職業として認識されるようになりました。医療技術の短期大学が多かったのですが、大学での学問としての地位も高まっています。

放射線のプロを目指す

ドクター

放射線を利用した医療機器は高度化を続けており、専門的な知識を持つ診療放射線技師の需要は今後も増加すると考えられます。国家試験の受験者は、現在では3年間の専門学校よりも、4年制大学の卒業者が多くなっています。

希少価値がある

男女

視能訓練士とは眼科医や看護師とともに、眼の機能維持向上や訓練を行う国家資格者のことです。高齢化社会の到来で視能訓練士は、需要が高まっていますが人材が不足しているのです。そして視能訓練士になるには総合的に眼の医療を学ぶことができて、就職率が高い専門学校がおすすめです。

一生役立つ資格

カウンセリング

学習できる内容と特徴

様々な心理学の分野を、効率的にポイントを押さえて学習できる点が、心理カウンセラーの講座の特徴です。精神が人の体に及ぼす影響や、対処方法を学ぶ講座です。また、心理カウンセラーになる為の資格取得を目指し、試験対策などのカリキュラムもあり、模擬試験等を通して、受験対策をしっかり行えます。心理カウンセラーの講座の内容として、就職先が広がるように幅広い分野を学習することが可能です。医療現場や企業での、カウンセリングを行う産業カウンセラーの資格を取る事ができます。また、自閉症や、発達障害の児童のサポートをする臨床発達心理士などの資格を取れます。現場で実践がすぐにできるように、ワークシートや、グループワーク等の授業も積極的に行われています。

学習をする上でのメリット

心理カウンセラーは、様々な場所で活躍が期待できる職業で、その重要性は非常に高まっています。また、現場経験がない場合でも、就職ができます。講座を受ける事で働く場所が広がり、選択肢ができる事は、学習する上で大きなメリットになります。また、様々な現場を経験してきたプロの講師から指導を受ける事ができ、将来仕事に役立つ知識を得られるのも非常に良い経験になります。そして、精神の健康管理が大切だという認識の中で、一生働く事のできる資格を持てる事が、講座を受けるメリットです。講座には、通学や通信講座など様々なスタイルがあるので、それぞれの内容を確認して、自分の好きなスタイルで学習を続ける事で、一生使える資格を取得できます。