放射線のプロを目指す|心理学の知識を得たいなら心理カウンセラーの講座に参加しよう

心理学の知識を得たいなら心理カウンセラーの講座に参加しよう

放射線のプロを目指す

ドクター

医療現場での重要性

レントゲンをはじめCTスキャンやMRIなど、放射線を利用した医療機器は高度に専門化しており、現在も急速に進歩を続けています。そのため大きな医療機関では、医師ではなく専ら診療放射線技師が、これらの機械を取り扱うようになっています。早期発見と早期治療のために、放射線機器の重要性は今後いっそう高くなると予想されます。大病院や医療機器メーカーからの求人も多く、診療放射線技師は将来性のある安定した職業として人気があります。最近ではマンモグラフィーの普及に伴って、女性の診療放射線技師の求人も増えています。もともと女性技師は全体の2〜3割と言われており、数が少ないこともあって、男性より求人数が多い傾向が見られます。

専門知識の修得

診療放射線技師の資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。受験資格は専門の養成機関で3年以上学べば得られます。かつては3年制の専門学校の出身者が多数を占めていましたが、現在では4年制大学の卒業者が主流になっており、大学院で博士号を取得した人も増えています。診療放射線技師は高度な専門知識を要求され、資格取得後も新しい技術を身につけていく必要があるため、大学教育を受けてから受験するのが一般的な流れになりつつあります。できるだけ学費を節約したい方や、働きながら診療放射線技師を目指したい方は、大学へは行かずに専門学校へ通うという方法もあります。定時制は4年かかりますが、全日制なら3年で卒業できます。