希少価値がある|心理学の知識を得たいなら心理カウンセラーの講座に参加しよう

心理学の知識を得たいなら心理カウンセラーの講座に参加しよう

希少価値がある

男女

高い就職率

視能訓練士とは眼の機能維持向上や訓練などを行う国家資格者のことで、眼科医や看護師とともに眼の医療を行う専門家なのです。高齢化社会の到来で視能訓練士の需要は高まっていますが、まだまだ人材が足りないのが日本の現状なのです。そんな希少価値をもつ視能訓練士になるには、専門学校で学ぶことが必要です。そして視能訓練士の専門学校を選択するなら、総合的に眼の医療を学ぶことができて就職率が高い学校がおすすめです。眼の医療について総合的に学ぶことができる視能訓練士専門学校では、実際に検査器具等を使って眼の機能検査などを行います。また視力が低い人のための補助ツールの使いかたについても学んでいきます。また患者とともに視力回復のための訓練などの実践的な授業も実施していきます。

即戦力の人材

視能訓練士の専門学校では地域社会の協力を得て集団検診を実施し、眼の疾患や機能低下などの早期発見にも貢献しています。視能訓練士の専門学校の特長は、就職率がずば抜けて高いことです。これまでに卒業生が様々な現場で積み重ねてきた実績と評価が、就職率の高さに反映されていると言えます。視能訓練士の専門学校での授業の内容は、視能検査学や訓練学や神経眼科学や眼の疾病などについて専門的に学んでいきます。入学した1年のときには基礎を学び、2年からは次第に専門的になっていき実技にも力を入れていきます。そして3年では国家試験合格を目指して対策を立てて、模試を行い本試験に備えていきます。さらに視能訓練士の専門学校では眼科医や大学病院などの協力で、実際の現場で検査を行い現実の対応を学んでいきます。